TOP > 会社案内 > 社長メッセージ

企業の使命として環境に配慮したモノづくりを追求

 当社は1948年に、藁工品の製造・販売を行う「宮島商店」として創業いたしました。当時は農家を中心に藁工品の需要が非常に高く供給が間に合わないほどでしたが、1960年代半ばになると縛りやすく強度にも優れたPP紐が、藁工品に取って代わるようになります。この頃当社は3本の細いPP紐を縒って溶着した「PP溶着ロープ」を開発。同業他社と比べて後発ではありましたが、これまでにはない画期的な製品でお客様からご支持をいただき、PP紐のメーカーとして新たな一歩を踏み出すことができたのです。以来、お客様のニーズに細かく対応しながらアイテム数を拡大し、現在では1,000種を超えるまでになっています。

 当社の製品は当初、農業資材や包装資材など専門職種での需要が主でしたが、ホームセンターへの販路開拓を皮切りに、ドラッグストア、スーパー、コンビニエンスストア、最近ではインターネットによる通信販売など、一般のお客様に製品を供給すべく納入先を拡大して参りました。伸び続ける需要に応えるため、現在は中国紅蘇省に生産拠点を設け、ここで生産した商品を輸入して日本国内で販売する体制を取っています。現在の販売先は日本国内のみですが、いずれは中国や海外への販売も視野に入れています。

 昨今は安価な中国製品が攻勢を強めてきている状況ですが、当社ではこれに対抗するために機械の高度化を進め、軽量で高品質な模倣の難しい商品づくりを進めています。さらに大学など教育機関と共同で環境に優しい生分解性の製品開発にも取り組んでおり、企業の使命として環境に配慮したモノづくりを追求しながら技術力の強化を図っています。

 今後もさらなる成長を目指して販売先や生産拠点をさらに広げていくとともに、PP紐のみならず「総合包装資材メーカー」としての組織づくりを確立させていきたいと考えております。これからも、優秀な人材を育成しながらお客様の声に耳を傾け、より皆様から必要とされる会社を目指して参ります。今度とも一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。

▲ページの先頭へ