お問い合わせ

宮島化学工業のものづくりABOUT US

人と時代のための「つなぐ」ものづくり。

当社は1948(昭和23)年に宮島商店として創業し、農業用の荒縄などの藁工品の製造・販売を開始しました。
1970年代には軽くて丈夫な化成品(ポリプロピレン)が主流となり、3本の紐を撚り合わせた「PP溶着ロープ」の生産を開始。
使い勝手の良さと丈夫さが大きな反響を呼び、今も当社のロングセラー商品の一つとなっています。
その後も新素材や新技術に挑戦し続け、現在の取り扱い製品は実に3,000種類以上。
販売エリアも全国の量販店(スーパー、ホームセンター、ドラッグストア)に拡大し、
ネット通販でも広くご愛用いただいております。

小さな工場からスタートした当社は、原料や加工法の試行錯誤を重ね、時代のニーズにスピーディーに対応してまいりました。
その中でも変わらずに持ち続けているのは「品質」への思いです。
「宮島の紐は柔らかくて手が痛くなりにくい」「耐久性のある宮島のロープを今年も使いたい」
お客様からいただくそんな声こそが、私たちが挑戦を続けられる一番の原動力です。

私たちはこれからも、お客様のお声に耳を傾け続けます。
《品質あっての宮島化学工業》に誇りを持ち続けます。
そして「使ってよかった」「また使いたい」と思っていただけるものづくりに、全力で取り組んでまいります。

代表取締役 宮島 麗子

私たち4つの強み

  • 高品質・低コスト

    原料調達、製造、加工販売まで自社で一括管理することにより、高品質な製品をローコストで製造することができます。強度試験や耐久性テストも実施し、品質の維持・管理に力を入れています。

  • ラインナップは
    3,000種類超

    ロープ、テープ、PPバンドストッパー、紙ひも、麻ひもなど3,000種を超える製品を取り揃えています。近年は防災備蓄グッズとしてのロープの需要も高まっています。

  • 環境に配慮

    環境保全の面からプラスチックに厳しい目が向けられることも多い昨今ですが、当社では再生原料を使用したPP製品も製造しています。また、バイオプラスチックや生分解プラスチックなど、CO2の削減可能な素材も試作検討中です。

  • オーダーメイド
    承ります

    材質、幅、長さ、厚み、色など、ご希望に合わせたオリジナル製品をおつくりします。ぜひお気軽にご相談ください。知識豊富な営業担当がご対応させていただきます。

会社概要

社名 株式会社 宮島化学工業
所在地
〒953-0125 新潟県新潟市西蒲区和納8565番地1 古川原工業団地
TEL 0256-73-5151 FAX 0256-73-7070
資本金 1,000万円
創業 / 設立 創業1948年(昭和23年)
設立1967年(昭和42年)
代表者 代表取締役 宮島 麗子
事業内容 結束用ポリプロピレン(PP)ロープ、テープ
ポリエチレン(PE)テープの製造販売
射出成型品(バンドストッパー)の製造販売
紙紐・麻ひも・綿糸等環境対策商品の販売
PPバンド・緩衝材等荷造り関連商品の販売
新潟県新潟市西蒲区和納8565番地1 古川原工業団地

沿革

1948年 宮島正雄氏が藁工品製造販売会社 宮島商店を創業
1967年 結束用PP延伸テープ「押出成型機」導入
会社設立 4月22日
1973年 機械増設等設備投資を行う
社名を有限会社 宮島化学工業に改名
1975年 PP溶着ロープの製造販売を開始
1988年 結束用PE延伸テープ(レコード巻)「押出成型機」導入
同年 工場を増築、事業を拡大
1995年 宮島正昭氏が代表取締役に就任
2002年 新工場に移転
2005年 ホームページオープン
2010年 株式会社 宮島化学工業に法人格の変更
2012年 射出成型(PPバンドストッパー)機導入
2017年 宮島麗子氏が代表取締役に就任
2020年 10月 ホームページリニューアル